2009年09月06日

ゴルフ5レディス最終日

gla0909061512011-n1.jpg
諸見里が混戦を制す! 今季5勝目で賞金1億円突破
国内女子ツアーのゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントは6日、岐阜県のみずなみCCを舞台に最終ラウンドの競技を終了。通算8アンダー首位タイから出た諸見里しのぶが、6アンダー66で回り、通算14アンダーでフィニッシュ。後続に2打差をつけ、今季5勝目を飾った。

 トップに5人が並ぶ激戦の中スタートしたこの日、諸見里は序盤から猛チャージ。1バーディ、1ボギーで5番パー5を迎えると、ここから怒涛の3連続バーディで混戦を一気に抜け出した。後半も好調なパットを武器に11、13番でバーディを奪ってトーナメントをリードすると、16番でもロングパットをねじ込み、値千金のバーディ。残り2ホールは無難にパーで収め、大会新記録の通算14アンダーで逃げ切った。

諸見里は今季5勝目、通算8勝目を挙げた。賞金1080万円を獲得した諸見里は22試合目で今季の年間獲得賞金1億円突破を果たした。

一方、横峯も終盤の15、16番でバーディを連取し諸見里に迫ったが、追い上げはここまで。5バーディ、1ボギーの4アンダー68でホールアウトし、諸見里に2ストローク差の2位タイに終わった。横峯と同じ通算12アンダー2位タイには、この日7アンダー65をマークした佐伯三貴と有村智恵。女王・古閑美保が通算9アンダー単独7位、注目の金田久美子はスコアを伸ばせず、通算5アンダー17位タイだった。
posted by mizuki at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

有村智恵が完全優勝で今季3勝目!
14485_360240.jpg
長野県北佐久郡にある軽井沢72ゴルフ北コースで行われている国内女子ツアー第19戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の最終日、初日から首位を守り続けている有村智恵が、最終日も3つスコアを伸ばして通算10アンダーとし、2位に2打差をつけて今季3勝目を飾っている。

今季好調の有村智恵と三塚優子の2人が最後までデッドヒートを繰り広げた。単独首位からスタートした有村は、前半はショットがぶれてスコアを伸ばせない。しかし、8番パー3で3mを沈めたのを皮切りに、そこから4連続バーディ奪取で通算10アンダーへとスコアを伸ばす。

追いかける三塚優子は、2番、9番と2つのパー5でバーディを奪って通算8アンダーで折り返すと、12番パー3で1.5mにつけて再び1打差に詰め寄った。14番ではアプローチを5m近くオーバーしたが、これをねじ込んで気合のガッツポーズ。

迎えた17番パー3。「8Iか9Iかで迷ったけど、9Iで打った」という三塚のティショットは、計算していたフォローの風は吹いておらず、グリーン手前の池に入れてしまう。「完全に風のミス」という三塚だが、このホールをダブルボギーとし、最終18番パー5での逆転の夢も潰えた。

18番のウィニングパットを沈めた有村は、両手を上げて喜びを爆発させた。「三塚さんはすごくアグレッシブなプレーをするし、18ホールがとても長く感じた」と必死の思いで優勝を手に入れた有村。イギリスで味わった悔しさを、帰国2戦目で早くも結果へと結びつけた。

2打差の2位に入ったのは、この日「66」で回った諸見里しのぶ。賞金528万円を加算した諸見里は、賞金ランキングでもトップへと浮上した。通算7アンダーの単独3位は全美貞、三塚は通算6アンダーの単独4位で終えている。上田桃子は単独5位、宮里藍は23位タイ、横峯さくらは26位タイ。アマチュアとして唯一予選を通過した川岸史果は、この日はイーブンパーで回って堂々の16位タイ。ベストアマを獲得している。
posted by mizuki at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

悪天候で最終ラウンド中止 上原が優勝 

16_3_0.jpg雨のせいだけじゃない!!実力の2勝目、上原彩子今期初優勝
女子プロゴルフツアーのヨコハマタイヤ・プロギア・レディース(高知県土佐CC=6262ヤード、パー72)

今期国内ツアー2戦目の最終日、前日からの予報どおり朝から激しい雨が降り、スタート前に10番からの9ホール競技への短縮が決定。

7時30分に一旦スタートしたものの、すぐに雨の為競技は中断。
その後、12時に再開したが、今度は14時15分に再び雷雲の接近と雨の為中断となり、再開の目処が立たない為、14時37分に競技中止が決定した。

この激しい雨と雷雲接近により最終ラウンドが中止となったため、
競技は前日までの36ホールを持って成立となり、先日の首位、上原彩子(25)が通算9アンダーで今季初優勝した。通算2勝目。

2位タイは米山みどりと黄アルム(韓国)の2人。古閑美保と新崎弥生が4位タイに続いている。最終日の競技が中止となったのは、07年のスタンレーレディス以来。規定により、この試合の賞金額の75%が賞金ランキングに加算される。

5打差の2位に米山みどり(32)と黄アルム(21)=韓国=、
昨年の賞金女王、古閑美保(26)が通算3アンダーで4位。

posted by mizuki at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

今季国内開幕戦、ダイキン・オーキッド・レディース

glf0903081629002-n1.jpg三塚が開幕戦V 通算3勝目 
女子ゴルフの今季国内開幕戦、ダイキン・オーキッド・レディースは8日、沖縄県琉球GC(6415ヤード、パー72)で最終日を行い、首位で出た三塚優子が5バーディー、5ボギーの72で回り、通算8アンダーの208で今季開幕戦を制した。通算3勝目で賞金1440万円を獲得。
18番でウイニングパットに入る前、三塚の目から涙がこぼれた。「14番から両手が震えだして、パットがまともにできなかったんです」。

昨年10月に「富士通レディス」で、6打差で最終日を迎えながら、プレーオフで不動裕理に負けた時の嫌な記憶が脳裏に浮かんだという。
絶対に勝ちたいという意気込みでスタートしたこともあり、プレッシャーから震えが止まらなくなってしまったようだ。

2打差の2位でスタートした上原彩子もイーブンパーの72と伸びず、69で回った原江里菜とともに通算6アンダーで2位。

さらに1打差の4位には68をマークした横峯さくらら5人が並んだ。
昨年の賞金女王、古閑美保は70で通算3アンダーとし、15歳のアマチュア、比嘉真美子(沖縄・本部中)らとともに12位だった。
posted by mizuki at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24時間リアルタイムゴルフ場予約サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。