2011年05月13日

日本女子シニア選手権 最終日

三木が大会史上初V4

<女子シニアゴルフ:日本女子シニア選手権>◇最終日◇
13日 西宮CC(5789ヤード、パー72)

 最終ラウンドを行い、単独首位からスタートした三木逸子(53=土佐)が72で逃げ切り、通算6オーバーの150で大会史上初の4連覇を果たした。

 前日2位につけた阪本知子(レイク浜松)が1打差の2位。3位は関根奈穂美(セントラル)と田中雅代(三木)だった。

posted by mizuki at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200882020

この記事へのトラックバック

24時間リアルタイムゴルフ場予約サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。