2011年05月23日

中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン最終日

今年初旬に米国でプロとなり、日本ツアーのプロデビュー戦となった「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」で初優勝を飾った野村敏京。
40049_360240.jpg
初日から首位を守る完全優勝、さらに18歳と178日での優勝は、宮里藍(18歳と101日)に次ぐ2番目の年少記録。平均270ヤードのドライバーショットで次々とフェアウェイを捕らえる完全無欠なプレースタイルは、ゴルフ界に鮮烈な印象を与えた。

男子ツアーを連想させるスケールの大きなプレーぶりは、コーチの指導と筋力トレーニングによるものだ。「男性のようなゴルフができれば、女子ツアーで強くなれる」。フックとフェードを軽々と操り、ボールに強烈なスピンをかけるパワー。ピンを狙う攻めの姿勢。強振すればヘッドスピード48m/sは出るというから、まさに男性の領域だ。

日本人の父と、韓国人の母を持つ野村。「敏京」という名前は母方の祖母が名づけたものだが、実はこの名前、韓国では男性名。まだ野村が母親の胎内にいる頃、その身体の大きさから男の子と判断され、生まれる前から男性名がつけられていたという。ただし韓国では、「敏京」を女性名でも発音できることから変名は為されなかったようだ。そしてこの日は偶然にも、名づけ親でありゴルフを勧めてくれた祖母の誕生日。会見場は、祖母との思い出話に花が咲いた。

ゴルフに対する向上心や志も並外れて高い。日本ツアーの規定では、QTに出場できるのは18歳から。昨年当時17歳だった野村は、「1年間をアマチュアで過ごすのはもったいない」と、17歳から出場できる米国ツアーのQTに参戦。ここで40位に入り、米下部ツアーの出場権を獲得した。今回の優勝にも、「嬉しいけど、本当はアマチュアの時に勝ちたかった」。話を聞き進めるほどに、感嘆の思いが増して込み上げてくる。

「世界一になることが目標です」。すなわちワールドランキングでトップになること。プレー同様、掲げる目標もスケールが大きい。
posted by mizuki at 00:23| 2011国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

フンドーキンレディース 最終日

佐伯がツアー通算3勝目!
福岡県にある福岡センチュリーゴルフ倶楽部で開催されている、国内女子ツアー第6戦目「フンドーキンレディース」の最終日。

首位タイからスタートした佐伯三貴が2ストローク伸ばし、通算8アンダーでツアー通算3勝目を手にした。
39757_360240.jpg
通算7アンダーの単独2位に、地元福岡出身の北田瑠衣。通算5アンダーの3位タイに、笠りつ子と茂木宏美が続いた。佐伯と並び首位タイからスタートした朴仁妃(韓国)は2ストローク落とし、宮里美香、服部真夕らと並び通算4アンダーの5位タイ。前年大会優勝者の横峯さくらは4ストローク伸ばし、通算3アンダーの10位タイでフィニッシュした。
39769_600400.jpg
<優勝を決めた佐伯三貴「今日は8番アイアンを抱いて寝なきゃ」>
前半で2位以下に3打差をつけた佐伯だが、11番でボギーを叩くと「後半は難しいホールが続くので」と警戒心を深めてラウンドを続けた。15番では3mのパーパットを残すがこれを決めてナイスパー。そして16番パー5はティショットを右サイドに曲げてボールはカート道の上へ。救済を受けられるが、ドロップできる場所が草むらの中だったため、カート道のまま2打目を打った。「8番アイアンだったのですが、だいぶ傷が付いてしまって。3打目も150ヤード残ったのでもう一度8番で打ったらバーディチャンスにつけられました。キャディさんに今日は8番を抱いて寝たほうがいいよって言われちゃいました」と話す佐伯。このホールで9アンダーまで伸ばしたことで、最終ホールにボギーを叩いても1打差で逃げ切ることができた。

posted by mizuki at 21:40| 2011国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国内女子ツアー第6戦目「フンドーキンレディース」の2日目

佐伯が首位タイに浮上! 美香が3打差で追う!
福岡県にある福岡センチュリーゴルフ倶楽部で開催されている、国内女子ツアー第6戦目「フンドーキンレディース」の2日目。

7位タイからスタートした佐伯三貴が5バーディ、ノーボギーの「67」をマークし、朴仁妃(韓国)と並び通算6アンダーの首位タイに浮上した。

以下は混戦模様。通算3アンダーの3位タイには、宮里美香、茂木宏美、木村敏美、地元福岡出身の馬場ゆかりと北田瑠衣の5人。

通算2アンダーの8位タイに服部真夕、吉田弓美子ら4人。

さらに1打差の12位タイに、首位から陥落した永井奈都ら5人が続いている。

大会連覇がかかる横峯さくらは、チェ・ナヨン(韓国)らと並び、通算1オーバーの24位タイ。

古閑美保は通算2オーバーの31位タイ、上田桃子は通算3オーバーの36位タイで決勝ラウンドに進んでいる。

GDOマガジンより
posted by mizuki at 05:36| 2011国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

フンドーキン・レディース 第1日

ゴルフ・フンドーキンレディース第1日(13日・福岡センチュリーGC=6482ヤード、パー72)

朴と永井が首位発進29歳の永井奈都(なつ)と朴仁妃(パクインビ)(韓国)が3アンダーで並び、首位に立った。
20110513-915849-1-N.jpg
 1打差の3位には塩谷育代、服部真夕ら4人。有村智恵は古閑美保、宮里美香らとともに1アンダーで7位につけた。大会2連覇を目指す横峯さくら、今季3勝目を狙う不動裕理は3オーバーの46位と出遅れた。2番パー3(154ヤード)でキム・ソヒ(韓国)がホールインワンを記録した。

朴仁妃と並んで初日トップに立ったプロ10年目の29歳、永井。好調の要因を「今日はパッティングのお陰」と振り返った。カップに入れることばかり意識して思い通りに打てないことが多かったため、「ストロークを良くしよう」と室内でも練習できる器具を試合にも持参。この日は「効果あったと思う」と、前半だけで三つのバーディーを奪うなど4バーディー、1ボギーとさえわたった。初優勝に向けて幸先良い出足。「明日もしっかりとパーを取って、チャンスをモノにしていきたい」

一部毎日jpより
posted by mizuki at 10:00| 2011国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

日本女子シニア選手権 最終日

三木が大会史上初V4

<女子シニアゴルフ:日本女子シニア選手権>◇最終日◇
13日 西宮CC(5789ヤード、パー72)

 最終ラウンドを行い、単独首位からスタートした三木逸子(53=土佐)が72で逃げ切り、通算6オーバーの150で大会史上初の4連覇を果たした。

 前日2位につけた阪本知子(レイク浜松)が1打差の2位。3位は関根奈穂美(セントラル)と田中雅代(三木)だった。

posted by mizuki at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

日本女子シニア選手権

<女子シニアゴルフ:日本女子シニア選手権>◇初日◇12日◇西宮CC(5789ヤード、パー72)

大会史上初の4連覇が懸かる三木逸子(53=土佐)が6オーバーの78で単独トップに立った。

2打差の2位に阪本知子(54=レイク浜松)と田中雅代(59=三木)が並んだ。

posted by mizuki at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

東日本大震災の復興支援写真チャリティー

写真チャリティー1位は有村智恵/女子ゴルフ<女子ゴルフ:ワールドレディスサロンパス杯>◇最終日◇8日◇茨城GC西C(6655ヤード、パー72)◇賞金総額1億2000万円(優勝2400万円)
 
日本女子プロゴルフ協会は大会期間中、東日本大震災の復興支援のため、会場内で選手のサイン入り写真オークションを行った。

4日間の合計入札数は227で、最高入札額の合計は62万8800円に達した。
17選手の写真がオークションにかけられたが、1番人気は有村智恵で41の入札を集めた。

宮里藍が30入札で続いた。

同日、チャリティーゴルフ大会「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」の最終日が8日、千葉・麻倉GCでも行われた。

プロの部では室田淳(55=サメジマコーポレーション)が1イーグル、7バーディー、ノーボギーの63のコースレコードを出し、通算13アンダー131で優勝した。

著名人の部ではココリコの遠藤章造(39)が通算20アンダーで制した。
石川遼(19=パナソニック)は前半に6連続バーディーを決めるなど、通算8アンダーで9位に終わった。

宮本勝昌(38=ハートンホテル)もコースレコードの63をマーク。
今大会の賞金の10%、入場料収入、チャリティー販売収入など約3000万円が、東日本大震災で被災した震災孤児への支援基金として寄贈される。



(日刊スポーツ)より
posted by mizuki at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国内メジャー第1戦ワールドレディス選手権サロンパス杯

アン・ソンジュが逆転優勝、上田は4位 

女子ゴルフの国内メジャー第1戦
ワールドレディス選手権サロンパス杯(茨城GC西 6655ヤード=パー72)は8日、最終ラウンドがあり、前日2位のアン・ソンジュ(韓)が通算10アンダーで逆転優勝した。
TKY201105080103.jpg
昨年の富士通レディス以来、ツアー5勝目で国内メジャー大会は初勝利。

 2位には通算7アンダーで佐伯三貴。

前日まで首位の上田桃子は、横峯さくらと共に通算6アンダーの4位に終わった。

posted by mizuki at 22:59| 2011国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

ワールド・サロンパス・カップ第3日

上田が単独首位 女子ゴルフ国内ツアー、 サロンパス第3日(5/ 7 )

 ワールド・サロンパス・カップの第3日目が7日に行われた茨城県茨城GC(6655ヤード、パー72)
この日、首位タイで出た上田桃子が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算8アンダーの208で単独首位に立った。
PN2011050701000590_-_-_CI0002.jpg
 1打差の2位に立ったのががアン・ソンジュ(韓国)
さらに1打差の3位にテレサ・ルー(台湾)がつけ、
佐伯三貴が5アンダーの4位で続いた。
 
横峯さくら、有村智恵は3アンダーの5位。

不動裕理は1オーバーの18位。

宮里藍は8オーバーの55位と低迷している。

posted by mizuki at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011国内試合情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

24時間リアルタイムゴルフ場予約サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。